プログラミングスクール

ポテパンキャンプの悪い点を徹底考察!スクール迷っている人向けに解説します。

エンジニアになりたい人
エンジニアになりたい人
ポテパンキャンプってどうなのかな、他のサイトではオススメされてるけど悪い点はないのかな?

今回は僕なりにポテパンキャンプのいい点と悪い点を考察しようと思います。

他のサイトではいい点ばかりが強調されているので、この記事では悪い点にフォーカスして解説します。

一応結論を言っておくと、僕はポテパンキャンプはいいスクールだと思ってます(笑)

あくまで読者にポテパンキャンプの悪い点もちゃんと伝えるためこの記事を書きました。

ポテパンキャンプの悪い点

倍率が高い

僕が思う一番の悪い点です。

悪い点というより残念な点の方が表現として正しいかもしれません。

ポテパンキャンプは実質無料(就職したら受講料全額キャッシュバック)であり、カリキュラムの質がいいので、応募者が殺到状態です。

こちらのサイトの情報では約5倍みたいですね。

またとあるブロガーさんがポテパンキャンプのアフィリエイト承認率が10%ほどと言っていたことから、倍率が10倍近くある可能性もあります。

そう考えると受かるのはとても難しいです。

実際僕も面接で落とされました(笑)

その時の体験談や面接対策についてこちらの記事にまとめました。

ポテパンキャンプの選考に落ちました。面接内容とその対策を解説します。 今回はポテパンキャンプの選考に落ちた僕が、面接で聞かれた質問内容とそれらから考えられる対策について話していきます。 ちなみ...

面接をなめてると僕みたいに落とされるので、対策は必須です。

通学式(オフライン)ではない

ポテパンキャンプはプログラミングスクールと謳っていますが、実際に校舎に通うわけではありません。

課題が出されてそれをオンラインで提出したり質問したりする感じです。

2019年1月から今まであった週1のオフライン勉強会もなくなるので、完全オンラインになります。

僕が面接に行ったときに宮崎さんがおっしゃっていたので、ほぼ間違いないかと思います。

なので、自己管理ができない人や直接会って質問したい人には向いていません

実際に通学して学びたい方RUNTEQTechBoostがいいと思います。

首都圏に住んでいる人限定

公式ホームページでは首都圏限定とは書かれてないのですが、就職先は基本的に首都圏になるので実質首都圏に住んでいる人限定になります。

地方に住んでいる人
地方に住んでいる人
完全オンラインなら就職する時に首都圏に引っ越せば問題ないのでは?

と思われた方もいるかもしれません。

ただポテパンキャンプ側からすると少しでも就職する可能性が高い人を受講させたいので、首都圏在住ではない方は面接で落とされると思います。

(ポテパンキャンプから就職するとその企業からポテパンキャンプにお金が入るため)

ポテパンキャンプのいい点

今度はいい点について書いていきます。

値段が安い

ポテパンキャンプから就職したら受講料が全額キャッシュバックなので、実質無料です。

仮に就職しなくても受講料は約10万円なので、他のRubyが学べるスクールに比べたらとても安いです。

4ヶ月コースにしたとしても就職したら受講料約15万円のうち10万円が返ってくるので、実質5万円です。

TechBoostだと最安で30万円、TechExpertだと最安で40万円です。

Rubyが学べて就職支援のあるスクールで一番安いのではないかと思われます。

カリキュラムのレベルが高い

ポテパンキャンプの代表の宮崎さんがおっしゃるようにカリキュラムのレベルは高いです。

というのも宮崎さんはポテパンキャンプの卒業生には実務レベルのスキルを身に付けてほしいと思っているからです。

また現役エンジニアが生徒が書いたコードを厳しくレビューしてくださります。

一般的なプログラミングスクールだと実務レベルまでは届かないのが普通です。

その証拠としてポテパンキャンプの卒業生はわずか1週間で即戦力として活躍している人が多いみたいです。

カリキュラムの質についてはこの記事で詳しく書かれています。

そう考えるとポテパンキャンプすごいですね。

ただその分やはり難しいので、覚悟は必要です。

またカリキュラムも常に改善しているようなので、カリキュラムの質については申し分ないかと思われます。

就職先が良い

ポテパンキャンプからの就職先はSESSIerではなく、Web系の自社開発している企業のみです。

本人も公言しています。

 

ちなみにSESやSIerへの就職はおすすめしないです。

理由はこの記事で詳しく解説されています。(記事ではSIerについてしか書かれてませんが、SESはSIerよりひどいものだと思ってください)

また1部上場企業にも就職した卒業生もいるみたいです。

年収も未経験でも年収340万円以上からのスタートになるので、悪くないです。

未経験からだと300万円に届かないなんてこともあるので。

またポテパンキャンプの講師の岡本さん曰く、卒業生ほぼ全員がRubyのエンジニアとして就職できているみたいです。

ポテパンキャンプはRubyを学べるスクールで一番オススメ

結局悪い点よりもいい点の方が圧倒的に上回りました(笑)

それくらいポテパンキャンプはいいスクールだと断言できます。

注意点としては、選抜クラスとオープンクラスの2種類があるのですが、選抜クラスに応募してください。(オープンクラスは必要ない)

理由は以下の通りです。

ただ選抜クラスは倍率は高いのでちゃんと対策はしましょう。

ポテパンキャンプの選考に落ちました。面接内容とその対策を解説します。 今回はポテパンキャンプの選考に落ちた僕が、面接で聞かれた質問内容とそれらから考えられる対策について話していきます。 ちなみ...

もし選考で落ちてしまった場合でも他のスクールでも十分です。

これから選考受ける人は頑張ってください。

ではでは。

ポテパンキャンプ公式ホームページはこちら